レビトラやカマグラチュアブルの種類が多いED治療薬

勃起不全で悩んでいる人は、世界中にいます。
日本でも、多くの勃起不全患者がいます。
欧米では、1998年にED治療薬が発売されています。
日本では、少し遅れて、1999年にED治療薬が発売されています。
EDとは勃起不全のことで、EDで悩んでいる患者は、性欲があっても勃起できない人が多いです。
しかし、勃起不全は、治療が不可能な病気ではなく、多くの場合、治療薬を使うことで改善することができます。
自分にあったEDの治療薬を選ぶためには、EDの種類を良く知っておく必要があります。
ED治療薬には、様々な種類があります。
治療薬の種類と特徴を調べて、自分に合った治療薬を使うことが大切です。
ED治療薬として有名なのが、レビトラとカマグラチュアブルです。
正常な勃起というのは、性的に興奮した信号が脳から陰茎海綿体に伝わり、陰茎に血液が流れこんで起こります。
レビトラは、陰茎の血液の流れを改善し、正常な勃起をサポートします。
レビトラを服用する場合は、脂の多い食事やアルコールは避けた方がいいです。
レビトラは、1日1回の服用で、服用の間隔は24時間以上空けるようにします。
カマグラチュアブルは、ジェネリック医薬品で、水がなくても服用できるのが特徴です。
カマグラチュアブルには、オレンジ味やバナナ味などの味がついているので、錠剤が苦手だという人でも、無理なく服用することができます。
カマグラチュアブルは、錠剤よりも効果が早く現れ、持続する時間も長いので、人気があります。
カマグラチュアブルを服用する場合は、レビトラの服用と同様に、間隔を24時間空けるようにします。
そして、服用後4時間経っても勃起状態が収まらない時は、医師に診てもらった方がいいです。