レビトラの食事前と食後の効果の違い

レビトラは、バイアグラと異なって大体800キロカロリー前後の食事であるのならば食事をとってもそれによって効果が薄れるようなことはありません。
これは、バイアグラのときとは大きく異なる傾向であるためその違いをしっかりと認識しておく必要があります。一般的に、ED治療薬は他の薬と違って食事をとってから薬を服用するという過程をとることを推奨されていない薬です。
一定範囲内では影響が少ないとは言ってもまったくないというわけではありません。
普通の薬は、食事から摂取することができる栄養分を糧としてその栄養分を効率的にウイルスに対して使えるようにしてくれる側面を持っています。
しかし、レビトラのようなED治療薬は食事をとらなくてもそれ単体で血 中濃度を変化させて血液の流れを変えてくれる仕様になっているのです。
人間の身体は、食事をとると胃の中に食べ物が入っていき、胃の中に入った食べ物は消化されて老廃物となったものは尿や便になって外部に排出されるようになっています。
では、胃の中で溶けて吸収された血液はいったいどこに行くのでしょうか。
これは、身体の中の血液の中に溶け込んでいくことになるわけです。
ED治療薬の成分は血中濃度を変化させるために血液そのものに影響を与えますが、食事も同じで血液に対して栄養分を吸収させるのでED治療薬の成分と混ざってしまうことがあるわけです。
ED治療薬の成分の中には特定の食事から取ることができる栄養分と非常に相性が悪いものが含まれており、実はその食べ物を食べてしまうと重大な後遺症を引き起こしてしまうこともわかっています。
そのため、レビトラが食事の影響を受けないとは言っても最善としては食事はほどほどにしておくことが大事です。